2018年05月30日

エサノン 1×120×310+40 内ラミ袋品ベロ付

こんばんは。緩衝材の加工販売 山田産業です。

今回は、エサノンを使った袋品、1×120×310+40 内ラミ袋品ベロ付のご紹介を致します。
表記に+40と書いてあるのは、ベロと言われる折り返し部分の丈となっております。今回は、内側がラミネートされた袋品です。ちょっと表記が長いですね(笑)。

メジャーを入れてみるとこんな感じです。
image702.jpeg


厚みが1ミリ、幅が120ミリ、深さが310ミリ、ベロが40ミリとなっております。
image704.jpeg


これ等を重ねて、重しの乗せ纏めます。
image703.jpeg


纏めた袋が落ち着いたら、結束し・・・
image708.jpeg


最後に梱包です。今回は、1000枚ご注文頂きました。
image711.jpeg


次回は、今回作業した袋の幅が少し広いエサノン袋をご紹介致します。

〜今日の名言〜
己の限界は、己のあきらめ心が
決めてしまうものである。
あきらめない限り、そこに限界
はない。

孫正義

緩衝材の加工販売 山田産業

神奈川県座間市小松原2-17-14 TEL 046-253-7464 FAX 046-256-8287
E-mail info@yamada-idr.co.jp
定休日 土曜日・日曜日・祝日 営業時間9:00〜17:00
posted by 山田 at 17:52| Comment(0) | 作業日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

エアーシャフトの修理

こんばんは。緩衝材の加工販売 山田産業です。

今回は、弊社でオートカッターに使用しているエアーシャフトの修理です。
image668.jpeg

長年使い続けていると、シャフトとジョイント部に負荷がかかり、軸受の金属部分がえぐれてしまいました。
image669.jpeg

だましだまし使用してましたが、作業を行う時に、そのジョイント部を軸に曲げるので、プチプチ等の原反を交換をすると、エアーシャフトが脱落する事もあり大変危険でしたので、今回、同じ神奈川県内の株式会社ムラタ様にエアーシャフトの修理を依頼しました。

修理から帰ってきて、軸受部を新しく制作しなおして頂きました。
image700.jpeg

ジョイント部に接合し、これで脱落の心配も無くなりました。
image701.jpeg

エアーシャフトの修理が終わったと思いきや、オートカッターに次の故障部分が表れ、またしてもムラタ様に電子部分の修理に来て頂きました。
まだ、オートカッターが完全な本調子ではないですが、またお時間ある時に伺ってもらえればと思います。
なにはともあれ、ムラタ様には色々とご厄介になりますが、今後ともどうぞ宜しくお願いします。

〜今日の名言〜
一日24時間という時間は
すべての人間に平等に与え
られている条件。これをどう
使うかで勝負が決まる

永守重信

緩衝材の加工販売 山田産業

神奈川県座間市小松原2-17-14 TEL 046-253-7464 FAX 046-256-8287
E-mail info@yamada-idr.co.jp
定休日 土曜日・日曜日・祝日 営業時間9:00〜17:00
posted by 山田 at 17:56| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
>
神奈川県座間市小松原2-17-14 
TEL 046-253-7464 FAX 046-256-8287
Copyright (C) 2011 YAMADA-INDUSTRY All rights reserved.